>> 医療法人千清會 鈴木脳神経外科 ドックのご案内@


認定のための主な条件

1 最新の「脳ドックのガイドライン」に準拠していること。

2 脳ドック実施に関する責任医師が常任していること。

3 施設責任者および脳ドック実施に関する責任医師が日本脳ドック学会会員であること。

4 実施項目として、問診、診察、血圧、血液検査、生化学検査、心電図検査、頭部MRI(T1、T2、FLAIR、T2*)、頭部MRA、頚動脈超音波検査、認知機能検査をルーチンとした一連もしくは他の検診との連結で行われる受診コースを持つこと。

5 検査項目を省略した簡易コースを併施している場合は、その内容が明らかにされ、分かりやすく区別されていること。なお、簡易コースだけを実施している施設は審査対象としない。

6 画像診断設備については、血流のアーチファクトが受けづらく、直径3mm以上の未破裂脳動脈瘤が確実に検出でき、かつ脳主幹動脈狭窄病変の評価のための高精細な画像を作成できるなど、無症候性の微小病変を検出するために十分な性能を持つMR機器、およびソフトウェアが使用されていること。

7 画像読影医は、脳神経外科、神経内科、脳卒中、放射線科いずれかの専門医であること。

8 脳ドックの結果通知は、所見の有無にかかわらず担当医から面談により行われるのが望ましく、少なくとも有所見者には必ず面談により結果通知されること。

9 受診者に発行する脳ドック結果報告書には、検査結果の羅列のみではなく脳ドックとしての総合評価が記載されていること。

10 年間の受診者数は50例以上が望ましい。

11 今後、日本脳ドック学会が行う各種調査に協力すること。

  日本脳ドック学会施設認定要綱2018年度抜粋

「日本脳ドック学会認定医療機関」とは脳ドックの質の向上を目的に,日本脳ドック学会が定めた上記基準を満たすことにより認定される施設です。

鈴木脳神経外科のドックは10項目以上の基本検査項目に加え、MRIをはじめとした高度な医療機器による複数の専門医による診断。
脳ドックでの異常発見はもちろん、全身の悪性腫瘍“ガン”検索も可能。
更にこれまで困難とされていた認知症の早期発見などを備えた画期的なドックです。


画像診断担当医師
内野晃  埼玉医科大学国際医療センター 画像診断科教授 日本医学放射線学会専門医
上記の医師をはじめとする複数医師によるダブルチェックを全症例に行い、さらに院長を含む脳神経外科・神経内科の専門医らによるカンファレンスを行い、確実な読影と判定診断を行っています。
また、すべての結果報告は個別面談方式にて行い、検査結果はオリジナルバインダーにまとめて総合判定と共に進呈致します。 











MRIとは断面画像を得る撮影装置で、当センタードック部門では3テスラMRIを使用しております。
このクラスのMRIは、全身の情報、例えば全身の悪性腫瘍のスクリーニングが可能となっており、これは従来のPETを用いた全身検索に比べて、リスクが格段に低く、更に精度が高いといった特徴があり現段階の悪性腫瘍スクリーニングにおいては最高クラスのものと言えます。この機種を用いた当センターのドックは特筆される価値を持つものとなるでしょう。
MRIについて詳しくは下記リンク先へ

MEGは脳内神経細胞の活動電流に伴って発生する極微弱脳磁場を頭皮外からリスクなく計測するシステムです。
脳波測定機が頭皮・頭蓋骨・頭蓋内液など、伝導度の違いを大きく受けるのに対してMEGは生体の影響を受けることなく信号を捉えることができ、脳内の電流源の正確な推定が可能で、これにより、主に認知症、パーキンソン病などの早期発見に繋がります。
MEGについて詳しくは下記リンク先へ


鈴木脳神経外科・各種ドックおける統計

<<ドックに関するお問合せ>>






RoyalMedicalCheckUp詳細はこちら>

<<ドックに関するお問合せはこちらから>>


2008 chiseikai. All rights reserved.